chiki7の日記

福岡/30代/育休中の夫と0歳の娘 くらしや買い物のこと書きたい

スタバのモバイルオーダーしてみた

土曜日

ららぽーとのスタバで苺のフラペチーノを飲んだ。私は抹茶で夫はノーマルの。飲み比べるとノーマルの方はミルク感の方が強くて、意外と抹茶の方が苺感あって美味しかった。スタバはコーヒーより抹茶が美味しい説あるしな。抹茶強。

 

とかく週末のショッピングモールのスタバは何故あんなに多いのか。列が店内で収まっていることがほぼない。スタバで一服すると休みを満喫できた気になる我々のような層がたくさんいるのだろうな。

 

狭い店内にベビーカーで並ぶのも気が引けたので初めてモバイルオーダーをしてみた。これがすごくよかった!

「5〜10分で商品できるから取りに来てね」ということだったので、店舗は大行列なのに本当か?と半信半疑で取りに行く。商品を受け取る列も大混雑で「げ!!」と思ったら「モバイルオーダーの受け取りはこちら⇨」と別で用意されていた。そりゃそうか。並ばせると意味ないもんな。こうしてスムーズに苺フラペにありつけた。

存在は知っていたけどこんなに便利だなんて…。トイレ行ってる間にできてたぞ。なんでもやってみるものだな。行列を横目に無駄に颯爽と受け取る。ディズニーで120分並んでる行列をファストパスでするする追い抜くあの爽快さを感じた。

 

敢えてデメリットを上げるなら、受け取りの際に確認もなく、本当に置いてある商品を持って行くだけなので、誰かに持っていかれることないの?!とそわそわすること。性善説頼りの仕組みだ。海外のスタバにもあるのかしら。いずれにせよ美味しい温度で飲むには早く取りに行くべきではある。

それと私的に大きなデメリットだったのが、ららぽーとのポイントがつかないこと!つけてもらうこともできるが、そうなると結局レジに並ぶ必要があるっぽかった。そうなるとモバイルオーダーする意味! ポイントでFrancfrancのハンディファンをゲットするくらいにはマメにポイントをもらう私にとってこの取りこぼしは若干テンションが下がった。

とはいえ、空いてるタイミングでつけに行ったりできるし、スタバ分のポイントなんて普通は気にならないだろうから圧倒的に利点が多そうだ!

 

なんだかレベルアップした気がする1日だった。

ちなみに少し前のメロンはゲロマズだった。

愛故に時間がない

幼馴染が遊びに来た。上の子を保育園に送ってから3月に生まれたばかりの下の子を連れて。お子達がおりこうさんにしてくれていたので、注文したピザとお土産してくれたスタバのドーナツを食べながらゆっくり過ごせた。

最近実家から自宅へ戻り、ワンオペでの二人育児が始まったそうだが、やはり相当大変らしい。お迎えの時間になって帰る際は「現実に戻ります」と言って帰っていった。

 

彼女に比べたら大したことないだろうが、私にも私なりの現実が待っている。産む前はいくら赤ちゃんがいるからって専業主婦で時間がないとかないでしょ!と思っていたけど、どっこい、本当にないのだ。 離乳食、お風呂、おむつ、寝かしつけ… その間も顔がよだれまみれになってたりおむつ漏れしたり、思わぬ方向にひっくり返っていたりぐずぐず言ったり。夕方、カーテンを閉める時間もない。いや閉めるけど。カーテンしめるくらいのことすら思った時にすぐできないってことよ。

夫に「ちょっとくらい泣かせといて大丈夫よ〜」と言われるが、「そっか大丈夫か♪」とはならない。兄弟がいるとそうするしかないのだろうし、実際大丈夫なのはわかってはいるけど、第一子からそのマインドでほっとける新米ママいるのか…?時間がないわけではない、というのは事実だけど真実ではないのだ。

こう書くと不満たらたらに見えるが辛い訳ではない。人生でこんなに誰かに求められたことないからな。満更でもない。自分のこういうところは好きだ。

 

最近はテレビでYouTubeにじさんじの切り抜きを流しっぱなしにしている。マリカ杯で人を覚えたからおもしろい。でもこれを消せばもう少しテキパキこなせるような気はしている。

授乳のじかん

離乳食を初めて1ヶ月ほどになる。今は暇なのもあって真面目に裏ごししてるけど市販の7ヶ月〜のベビーフードを見るともう少し形が残っててもよさそうだ。ヘラでベチャベチャ潰す感じが?逆に難しいな塩梅が。娘には悪いけど母も初めてなので試行錯誤しながら用意させてもらうよ。昨日からたまごに挑戦しているが今のところ何事もなく過ごせている。丈夫な娘に感謝。

 

今まで完母で育てていたが本当におっぱいを飲むのが上手になったなと感心する。始めは全然咥えてくれなくて、娘以上に私が泣いてしまっていたが、今は半分寝ててもパクッと咥えるし、なんなら自分でもみもみして搾り出してくれるので「あら、なんかすみませんね」とか言いながら母は乳を出してるだけでいい。産院で習ったとおり娘をおっぱいの位置に合わせるように抱っこしていたが、最近は「お前が合わせんかい」と言わんばかりに私の服を引っ張って自分の口におっぱいを持ってくる。すでに娘に主導権を握られていてこの先不安で仕方がない。

前開きの服じゃないときは長いゴムを首に掛けて服を捲ると授乳しやすいのでそうしているが、おっぱいを飲むプロになった上に最近力が強くなったので、それを引っ張ってパチンとされるのが痛い。「離すなよ離すなよ…あ痛ーっ!」とお決まりの流れができつつある。

 

夜もまだ少しぐずるので、良くないと思いつつもすぐおっぱいに頼って寝かしつけている。体力的にはきついけどこの時間が嫌いではない。Kindleで本を読むのにちょうどいいのだ。暗いところで片手で読めるし、むしろ起きてくれたら続き読めるぞー!くらいに思っている。いろいろな育児用品があるが、私にはこれが1番買ってよかった(持っててよかった)ものかもしれない。

 

離乳食も順調に進み、こういう時間も直になくなるのだと思うと寂しい。今は当たり前でつい片手間になるけど存分に味わっておかないといけないなー。

 

 

ベビ購入品

じぃじばぁばが子どもの日を買ってくれるとのことでららぽーとに行った。お昼は天丼を食べたが、夫の復職後テキトーにささっと食べるような食事しかしていなかったせいか気持ちが悪くなった。でも美味しいのよねあそこの天丼。

 

DADWAYで布の絵本とうさぎのでんでん太鼓、ベビーカーにつけるストラップを買っていただいた。でんでん太鼓のウサギの顔、かわいすぎるな。

むんっ

娘も気に入ったようで振り回している。絵本も振り回している。ぶんぶんぶんぶん。

 

もうすぐ歯が生えてくるのかブーブーと噴射するのが止まらないのだが、おもちゃのお礼にじぃじにも喰らわせていた。「んーありがとう♡」と浴びるじぃじ。孫の限界ヲタク。

ユニクロUVカットパーカーとマリメッココラボのワンピースも購入。ちっちゃいパーカーかわいい。私も持っているので図らずともおそろいにしてしまった。ワンピはまだお座りもできないし抱っこしにくいからこの丈苦手だけど可愛すぎて迷っていたら、ばぁばから「はいはい買ってあげるから貸してごらん?ほら!」と急かされ「いやそんなつもりないです自分で買うから!!」と買う流れになってしまった。でもかわいいからいいか…。

 

ベビー用品ってなんでこんなに可愛いんだろうな。自分の買うのは渋るのに娘のはポンと買ってしまう。気を付けなければ。娘から言い出すまではアンパンマンは買わないぜ…

ワンオペスタート

GWを以って夫の半年間の育休が終了した。予定日からの育休だったが、少し早く生まれたこともあり、ちょうど生後200日までの育休だった。また新たな生活を始めるにはいろいろと切りがいい感じがする。

夫は赤ちゃんのお世話がこんなに大変だとは思っていなかったらしく、3ヵ月くらいまではゲッソリしていた。私は産む前から育児ノイローゼになる想像ばかりしていたので、思っていたより楽しく過ごせたが、これは夫と大変さを共有できたことが大きいと思う。

夫のまわりでは「休んで何してるの?」「暇じゃない?仕事したくなったでしょ?」と聞いてくる人が多いらしい。我々ママからすれば無論育児してるに決まっているのだが、夫も以前はかなしいかなこういうよくある質問に特に何も感じなかったそう。今となっては「この人たち子育てしてこなかったんだな」「なにも知らないんだな」と思うようになったようだ。(こういうことを聞いてくるのは大抵同じ『パパ』だそう。)

いろんな事情があってパパが育休を取ってがっつり育児できる家庭なんてまだまだ少ないだろうから仕方がないけど、こういうパパといっしょに育児できるママは本当にすごいよ。これから平日はワンオペになるから大変になるだろうけど、夫が大変さを知っててくれるかどうかで大分違うと思うもんな。口に出さなくても「暇でしょ?」とか思われてたらグー出ちゃうもんね。そう思うとこれからにも繋がる本当に恵まれた200日だったと思う。

最後は何をするわけでもなく、お家でにじさんじマリカ杯を見て締めました。ふわっちの練習配信みてたから残念だったけどマリカ事変楽しませてもらった。シェリンさんおめでとう。

 

夫は久しぶりの社会復帰だし、これから暑さも厳しくなっていくし、体調に気を付けて頑張ってほしい。私も元気に娘のお世話頑張るぞ!

 

 

ベッド問題

娘が夜泣きしうんち漏れしたため着替えさせ寝かしつけている。今はおっぱい飲ませたまま横抱きしているけど、置いたら泣く。これをかれこれ1時間ほど繰り返して現在深夜4時半。

置くことに成功したら娘が吐き戻ししたのがかかった自分のパジャマを着替えたいけどうちのベッドはすごくミシミシ言うのでこれも難易度が高い。夫は今は寝ているが、途中むくっと起きてうんちがついた肌着を洗ってくれた。それだけでもありがたい。

最近シングルのベッドを買い足し今まで使っていたダブルベッドとつなげて娘と3人で寝られるようにしたのだが、娘を抱っこしてベッドによっこいしょと上がるのがきつい。もともとあったベッドを捨てるのがもったいなくてこの形にしたが、やはりローベッド?にするべきだったか…。部屋いっぱいにベッドになったため足元からしかベッドに乗り降りできず、頭から距離があるため、ちょっとトイレに行くのもミシミシ音で娘が起きないかヒヤヒヤする。課題が多いが、寝室の改造は手間もお金もかかるし、無職で育児に専念させてもらってる立場なのであまり睡眠がどうこう文句言うのも憚られる。そんなことで怒るような夫ではないけど。

 

寝れば寝るほど疲れが溜まっている気がする。

さぁそろそろ置いてみるか…。

肌荒れマルチタスク

おっぱい飲みながら寝ている娘の爪を切りながらかずのすけのYouTubeを見つつこのブログを書き始めた。時間を見つけてできることをする自分に酔っている(大したことしていない)。

 

娘の夜泣きで全然寝れず、自分史上1番肌荒れしている。若い頃たまーーにドカンとにきびができることがあったが、それ以外基本的に肌荒れしたことが無いので衝撃を受けている。見た目にはあまりわからないが、触るとざらついている。

自分で言うのもなんだが、きついことがあっても鏡を見て「今日も肌綺麗だな。頑張るか。」と思えるくらい肌だけは綺麗だったのに。(やばい人)

今は自分の肌の代わりに娘の笑顔でモチベーションが保たれているが、ちょっと肌の方もあきらめきれない。自分の肌の強さに、「肌は排泄器官」という考え方も相まってスキンケアにお金をかけてこなかったけど美容液でも取り入れるか?いい歳だし。まぁでも寝れば治るはずなのだ。余計なお金は使いたくない。と思いながらドラッグストアで買えるくらいの金額でいいものはないかとかずのすけを覗いているのだった。

 

同時にいろんなことをして、いろいろ違うことを考えて忙しない。娘の爪も切り終わったし、私もいっしょに寝れば万事解決な気がしてきた。おっぱいあげながらだけど。でも育休中の夫は料理できないからご飯作らないと。いや、私に何かあったときのためにご飯くらい作れるように練習させるか?娘もいるのだし。

言ったそばから次から次になんか考えてるな。結局暇なんだろうな。笑 黙って一個ずつ済まそうっと。暇だし。